相手に合わせて話す。

論理で話そうとしてしまうが、

感情を込めて伝える方が聞きやすい・受け入れやすい人もいる。

 

自分が論理的な人間か感情的な人間かどうかに、単一な答えを出そうと思っていない。

そんなの時と場合による。

 

話し方もキャラクターも、相手に合わせる。

ただ単に、相手にとって気持ちのいい相手になれれば、それが良い。

どんな人だと思われるかにこだわりは無くて、物事が円滑に進むことに拘っている。

 

相手に合わせると言いつつ、滲み出てしまう癖くらいが、

丁度人間味らしく面白がってもらえる個性じゃないかと思うのです。